【Yahoo!ショッピング】ストア低評価除外申請フォーム概要 まとめ

2018年3月9日

低評価レビュー

Yahoo!ショッピングでは2018年3月14日より、ストア評価で一定上の低評価を受けたショップに対しペナルティを課すことに。

きちんと運営しているショップには良い取り組みですが、それでも「 理不尽な理由でペナルティを受けてはたまらない 」という想いもあるでしょう。

その救済措置としてストア評価の低評価をペナルティの集計から除外する低評価除外申請フォームがリリースされました。

(ストア低評価によるペナルティの概要は下記リンクよりどうぞ。新しいタブで開きます)

ストア低評価除外申請フォームのルール

低評価の除外といってもなんでもかんでも除外できるものではありません。

基本的には「 それはショップのせいとはいいがたいよね。 」って低評価のみ。

除外申請の対象条件として、Yahoo!ショッピングがマニュアルで挙げているのが下記。

低評価除外申請フォームの利用条件その1

ストア低評価除外申請フォームの利用条件。

  • 運送業者によるトラブルや天候不順による配送遅れなど、配送不備が原因。
  • ストアの運営面でのレビューではなく、商品に対するレビュー。
  • 明らかに低評価ではないコメントでスコアが低評価。
  • その他、明らかに不当な評価であると説明できる場合。

これらの条件にあてはまった場合、ストア低評価除外フォームより低評価集計から除外させるよう申請することができます。

「 その他、明らかに不当な評価であると説明できる場合 」とあるので、お客様の間違いや運送業者のせいではない場合でも「 これはショップにはどうしようもない、理不尽だ 」と感じたら申請してみると良いでしょう。

ただし、除外申請の条件は上記以外にもあります。

上記の条件にあてはまっても、注文の処理が適切でないと……

低評価除外申請フォームの利用条件その2

注文の処理がちゃんとしていないと除外申請を利用できない?

  • 商品の発送日(納期設定)を具体的に記述。
  • 注文情報に実際の出荷日を入力。
  • 注文情報に配送伝票番号を入力。
  • 注文ステータスを新規注文から完了まで適切に更新。
  • 出荷ステータスも同様に出荷可→出荷済みまで適切に更新。

要は「 お客様のために納期情報と注文処理をきちんとやっておけ 」ってことですね。

まず商品の納期設定は発送日の目安になると判断される程度には具体的に表記する必要があるようです。

出荷日と配送伝票番号は当然必須。注文ステータスは決済方法によって完了にしないと入金されないので、さすがにやっていないショップさんはいないかと。

問題になるのは出荷ステータスですね。

最後の出荷済みまでいかず、出荷処理中のままでも注文ステータスを完了にできますし、実は出荷済みにせずともショップ側にはこれといった不都合はありません。

そんな事情もあって、出荷済みまできちんと入れていないショップも多いのではないでしょうか。

しかしストアクリエイターPro上で出荷ステータスを出荷済みにすると、お客様のスマホに商品が出荷された旨のプッシュ通知がいくようになっています。

(Yahoo!ショッピングアプリをインストールかつ通知設定をオンにしている場合のみですが)

お客様の利便性を考えるとやはり出荷済みまではやっておいた方が良いでしょう。

なお、注文ステータスを完了にすると出荷ステータスの編集ボタンがグレーアウトして変更できなくなってしまいます。

出荷ステータスを先に出荷済みにしてから注文ステータスを完了に変更しましょう。

Yahoo!ショッピング的にはお客様が受け取り後着荷済みまで更新してほしいそうですが、出荷ステータスいじれないじゃん……って感じです。

まず納期設定が目安になるかならないか、という基準があいまいですし、全部が全部完璧になっていないと強制的に申請が却下される、なんてことは考えにくいです。

が、やはり審査の判断に影響を与えることは間違いなさそうなので、可能な限り納期情報、注文処理はこまやかにしておきたいところです。

そこまでちゃんとしていれば自ずと低評価も減って一石二鳥になるかと。

低評価除外申請フォームの場所

低評価除外申請フォームはストアクリエイターProの評価チェックツール内に表示されます。

そもそも低評価レビューがない、集計期間を過ぎた低評価レビューしかないなど、申請対象のストア評価がない場合は表示されません。

除外申請後の審査

基本的に2日~3日ほどで審査は完了します。

ただし審査の進捗や基準、審査結果は公表しないとのこと。そして必ず申請が通るとも限りません。

(一応、低評価率には反映されるので丁寧に見ていけば除外されたとわかるはず)

ちなみに、一つの低評価に対して除外申請ができるのは1度きり

また明らかに上記基準に達していない低評価に除外申請をかけまくると、そのショップは除外申請フォームを利用できなくなるペナルティもあるので注意。

なお、この機能はあくまでも低評価によるペナルティ集計から除外させるだけで、一度ついたストアへのレビュー自体は消えません。

Yahoo!ショッピング ストア低評価除外申請フォーム まとめ

  • ショップが原因ではないストア評価の場合、低評価除外申請フォームより除外申請が可能。
  • 申請できるのは運送業者原因、明らかにお客様が間違えた場合など。
  • ただし、一度ついた低評価レビュー自体は消えない。

Yahoo!ショッピング自体出店が簡単でリスクがほぼないことから、個人事業主から大手まで玉石混交、確かにレベルの低い出店者も多く存在しています。

そういったショップが駆逐されることはきちんと丁寧に運営をしているショップやYahoo!ショッピング、何より利用されるお客様にとってメリットのあることでしょう。

低評価率が基準を上回ると検索順位のペナルティを受けて売上と集客に多大なる悪影響を及ぼします。

普段から悪い評価が多いと感じるショップさんは、レビューを読み返し、一つずつ改善していくことをオススメします。