楽天RMSの画面UIデザインが大幅変更!もとに戻す方法は?

新しくなった楽天市場RMSの画面

週明けて出社してみたら、楽天市場のRMSの画面がリニューアルされていてビックリ。なんて方多いのではないでしょうか。

なんだかとてもリニューアル後のGoogle AdwardsやGoogle Adsenseっぽくなりました。

注文数やPVなど主要な数値や指標をドカンとまとめてあり、見やすいっちゃ見やすいです。けど、ここまできたらレスポンシブ対応もしてほしかったな。

ログインにViber導入するなんて話みたいだし、スマホから数値だけでも確認したい需要はあると思うんですよね。

RMSを従来デザインに戻す方法

リニューアル後もレフトナビとメイン部分の2カラム。

レフトナビの内容がある程度マウスオーバーでメニューが表示されたりちょっとした改善は見られますが、やはり使い慣れた元の画面に戻したい方もいらっしゃるでしょう。

戻し方自体は簡単で、楽天RMSトップページの一番下にいけば「 従来デザインで表示 」「 旧デザイン表示 」ボタンがあります。

従来RMS、旧RMS画面への切り替え方法

従来デザインを押せば元のRMS画面に戻ります。再度リニューアル後の新デザイン表示にしたい時は、従来デザインの画面左上に新デザイン表示リンクがあるのでクリック。

ちなみに旧デザインはリニューアル前の従来デザインより前にあった1カラムのRMSデザインのこと。旧R-Storefrontのことではありません。

どちらにしてももうさすがにもう使っている方もいらっしゃらないかとは思いますが……

たまに謎のエラーが出たときとか、旧デザインから入るとすんなり行けたりするんですよね。豆知識。

従来デザインは2018年4月16日に廃止

ちなみに、従来デザインも旧デザインも2018年4月16日に廃止されると案内されています。

旧デザインからエラー回避の裏技ももう使えなくなるのかも。旧R-Storefrontはずるずると長くサポートしたのに、こっちはバッサリ。

システムリニューアルとただのインターフェイス変更の違いか。

ともかく、3月や4月には新年度・新生活の需要期が来るジャンルの商材を扱うショップさんも多いでしょうから、なくならないうちに慣れておいた方がよさそうですね。

楽天RMS 画面UIデザインリニューアル まとめ

  • 楽天RMSトップページのUIデザインがリニューアル。
  • 主に主要指標が見やすくなった&レフトナビのマウスオーバーを実装。
  • RMSトップページの下にある「 従来デザインで表示 」リンクで以前のデザインでの表示も可能。
  • 従来デザイン、旧デザインは2018年4月16日に廃止予定。
  • 各編集画面は特に変更されていない。
  • 価格   ¥ 2,138
  • メーカー株式会社いつも.
  • 販売者 Amazon.co.jp