「 購入者へのメッセージを送信できませんでした 」の対応方法【AMAZONセラーセントラル】

2018年4月18日

Amazonセラーセントラルやメーラーソフトを使ってお客様へメールを送ると、「 購入者へのメッセージを送信できませんでした 」とのタイトルがついたメッセージやメールが届くことがあります。

しかしエラーメールが環境によっては文字化けすることもあり、混乱が生じているようです。

以下経緯と対策をまとめたので、解説します。

AMAZONにはメールフィルターが存在している。

AMAZONには、購入者にマケプレ出店者からの重要ではないメールを届かないようにするフィルター機能が存在しています。

この機能を未承認メールフィルターといいます。

基本的に、注文確認メールや配送業者、問い合わせ番号が記載された出荷通知メールなど、注文上大切なメールはすべてAMAZON経由で配信されるようになっています。

なので、本来マケプレ出店者から購入者へメール連絡する必要はなく、基本的にマケプレ出店者からのメールは重要ではないものとして、未承認メールフィルターを設定しているお客様には届きません。

送ったメールがフィルターにかかったときに「 購入者へのメッセージを送信できませんでした 」のエラーメッセージが出るのです。

フィルターにはじかれないようにメールを送る方法

しかし、マケプレ出品者としても商品欠品や宛先住所不明など注文を進めるうえで重要なメールが届かないのでは困ることは多々あります。

こうした注文を進めるうえで重要なメールを届けるための対処方法は、

  • メーラーを使ってメールを送る場合:件名に [重要] と記載する。
  • セラーセントラルからメールを送る場合:件名を「追加の情報が必要です」を選択。

上記のどちらかの方法でメールを送ることです。

outlookやサンダーバード、メールディーラーなどメーラーを使って送る場合は、メールの件名に [重要] と記載します。

メーラーを使用せずAMAZONのセラーセントラルからメールを送っているショップは、メールを送信する際の件名を「追加の情報が必要です」にします。

これで、メールフィルターにかからずに購入者へメールを送ることができます。

なお、メールフィルターを設定している場合でもお客様からの問い合わせに対する返信メールははじかれないのでご安心を。

使っていいのは「 注文を完了にするために必要なメール 」のみ

この方法は「 注文を進め完了させるにために必須な重要なメールを送る方法 」です。

店舗からのレビュー依頼やサンクスメールなど独自のメールには使用しないようAMAZONセラーセントラルのマニュアル上にも記載されています。

どうしてもそういったメールを送りたい場合はフィルターを設定している方には届かない覚悟で送り、どうしても重要なメールのみタイトルに[重要]をつけるか、「追加の情報が必要です」件名機能を使いましょう。

メールフィルターは実は昔からあった

「 購入者へのメッセージを送信できませんでした 」のメッセージが出始めたのは、2017年から2018年にかけての年末年始頃からでした。

突然の仕様変更に若干混乱があったのですが、実はこのフィルタ機能自体は2017年~2018年年末年始よりも前から存在しており、[重要]がついていないメールはずっと届かない状況でした。

つまり出店者側が気づかなかっただけで、以前からメールがはじかれていた可能性があります。

「 このお客様返信してくれないなぁ…… 」「 電話したらメールなんかもらってないと言っている 」なんてことはよくありますけど、AMAZONに関していえばメールフィルターのせいでお客様にメールが届かず、しかもその警告も出なかったため出店者も気づいていなかった、なんて事例も多そうです。

AMAZON「購入者へのメッセージを送信できませんでした」まとめ

  • 購入者が未承認メールのフィルターを設定している場合、ショップからのメールが届かない。
  • フィルターによりメールがはじかれると、「 購入者へのメッセージを送信できませんでした 」とのメッセージが出品者へ届く。
  • メーラーであれば件名に [重要] と記載する
  • AMAZONセラーセントラルからの場合は件名を「 追加の情報が必要です 」に設定。
  • この方法を使っていいのは注文を進めるにおいて重要なメールのみ。
  • 価格   ¥ 2,138
  • メーカー株式会社いつも.
  • 販売者 Amazon.co.jp