楽天アフィリエイトの最低報酬料率が1%から2%~8%にアップします!

2018年8月1日

楽天アフィリエイト報酬体系が変更

楽天EXPOで料金体系の見直しだの全部の配送を楽天が請け負うワンデリバリーなど、いろいろ言及されていましたが……

料金体系は7月末頃に連絡が来るとのことなので待つとして、すでに値上げが決まっているのが楽天アフィリエイトの最低料率です。

1%から最低2%~8%に値上げ

アフィリエイト報酬が現状の最低1%から2%~8%に上がることになりました。

よって、ショップ側で特に設定しなくてもアフィリエイト経由で売れた場合2%~8%の報酬を支払うことになります。

これ、Amazonのアフィリエイトシステム Amazonアソシエイツと同じです。マケプラ出店者側としてはAmazonはアフィリエイトから買われようが買われまいが全部込み込みなのであまり気にしていない方多いかと思いますが。

ちなみに最低料率は商品ごとの全商品カテゴリIDによって決まる模様。ショップジャンルは関係なし。

グルメジャンルやファッションジャンルが8%とのこと。Amazonと同じと考えれば家電とか楽器は2%なのかな。多分。

最低料率は2%~8%になりますが、いままで通りショップ独自に料率を上げることも可能な模様。

2.1%とか8.1%とかちょっと優位に立ってアフィリエイターに選んでもらう戦略もありかも。

その代わり、クリック保持期間が30日→1日に大幅短縮

その代わりアフィリエイトリンクのクリック保持期間が30日から1日に大幅短縮されます。

正確にいえば、「 アフィリンクをクリック後、24時間以内にカゴに入れること 」+「 クリックから89日以内に購入すること 」

が条件になります。最近は事前に買い物カゴに入れておき、5の倍数デーやお買い物マラソン、スーパーセールなどお得な期間まで待ってから購入確定、ってお客様が増えていますから、これは実体に即した仕様変更といえるでしょう。

商品お気に入り機能の存在意義を若干否定している感もありますが。

もともとアフィリエイトの成果報酬が発生するのは、

アフィリンクをクリック → 踏んだリンクのお店・商品に限らず楽天上で30日以内になにかしら購入する → 購入された店・注文でアフィリエイト報酬発生

の流れでした。

この期間が1日以内と大幅短縮されるので、その場で購入しなかった人があとあと全く関係ないお店で買うと買われたお店はアフィリンク踏んでもらったわけでもないのにアフィリエイト報酬を払うことに、なんてことが減るでしょう。

料率が上がれば最大8倍も出費が増える!と思われますが、楽天の試算によれば96%の店でアフィ報酬による出費は減るか同程度になる見込みとのこと。

もともと自社で2%~8%以上に設定していたショップさんからすれば、クリック保持期間が30日 → 1日に短縮されるだけなので、報酬による出費はむしろ減ることでしょう。

アフィリエイターにはうれしいのか?

これ、アフィリエイターさんにうれしいのかどうか微妙なところです。正直Twitterなどで反応を見る限りではネガティブな反応が多いように感じます。(主観)

だって楽天アフィリエイトの一番の特徴でアドバンテージだったクリック保持期間が30日と長期間だったのをわざわざ改悪するんですから。

こちらのブログエントリーでもはっきりと改悪と言われていますね。

報酬料率が基本1%と低いのはみんな承知の上で30日の保持期間目当てに楽天アフィリエイトを使っていたわけですし、当然の反応でしょう。

ちなみにAmazonはどんなに高額な商品が売れても1商品に対して報酬は1,000円が上限。

楽天アフィリエイトは上限額はなく、数万円~10万円を超えるような高額商品を紹介するアフィリエイターにとっては楽天の方が有利でした。

楽天が上限額を設定するかどうかも現状不明で、そうした細かい部分も気になるところ。

時期は未定

実際に新報酬体系に切り替わる具体的な時期は楽天EXPOでは発表がなく未定です。

が、7月末頃までに楽天全体の新料金体系の案内を書面で送るとのことですので、その中に予定時期なども書かれているのではないかと予想されます。

新料金体系自体もどうせ実質値上げでしょうし、出店者側は頭が痛い限り。

まとめ:楽天アフィリエイト報酬料率・報酬体系変更

  • 楽天アフィリエイトの最低料率が1%から2%~8%にアップする。(Amazonと同じ)
  • クリック保持期間は30日から1日に短縮し、無関係購入による報酬発生は減る見込み。(あまぞn……)
  • いままで通りショップ側でより高い料率に設定することは可能。
  • 現状時期は未定だが、7月末までにくる楽天市場出店新料金体系の案内書面に具体的な予定も書かれていると予想。

アフィ経由で売れるなら売れたでそれはそれで嬉しいことではあります。それだけブログやメディアなどで紹介してもらえている証左ですから。

もしなくなればその分の売上も利益もゼロになるだけ。競合他社の商品に切り替えられたら他社が儲かってしまう。

基本的にアフィ報酬はそのまま紹介してくれたアフィリエイターにいくだけで楽天にいくわけではないですし、そこまで腹も立ちません。(システム利用料はかかってますけど)

SNS機能強化の発表や共有してもらいやすいよう1枚目画像(商品サムネイル)の締め付けも厳しくしてきていますし、楽天としてはこうしたネットメディア戦略に力を入れている、といったところでしょうか。

だったら楽天ブログもGold上にWordPressで設置できるようにするとか、もっとできることあると思うんですけどね。Viberとは一体なんだったのか。