【他店は売れてる?】楽天市場・Yahoo!ショッピング全体の売上傾向を確認できる完全無料便利ツールECSIX(イクシス)

2018年8月3日

グラフ・売上データイメージ

楽天やYahoo!ショッピングなどモールでネットショップを運営していると、「 楽天市場全体では売れたのかな 」とか「 Yahoo!ショッピング調子いい? 」とモール全体の売上傾向が気になることってありますよね。

なんだかいつもより売れたとき、逆に全然売れてないとき。

そういったときはECCなどモール側に問い合わせるしかないのですが、実際に「 ふーん、いつもより売れたんだ。じゃあどれくらい売れたの? 」と思っても具体的な数字は出てきません。

実はそこが簡単にわかるサイトがあるのです。

ECデータバンクのECSIXでモール全体の売上傾向をチェック!

ECSIXで楽天市場、Yahoo!モール全体の売れ行きを知ることができる。

ECデータバンクさんが公開している完全無料ツールECSIX(イクシス)なら、楽天市場 / Yahoo!ショッピング全体の売れ行き指数データを確認することが可能です。過去一か月間分。

(ECデータバンクはまくら株式会社さんのシステム開発部門)

ツールといってもサイトでグラフとして公開しているなので、特にソフトのダウンロードやインストールは不要。

メールアドレスなど会員登録なども不要で見られる。最高です。

唯一残念な点は細かいジャンルごとのデータまでは見ることができない点くらいでしょうか。しかし完全無料ツールにそこまで求めるのは酷というものでしょう。

原因はわからないけどいまいち売上の調子が悪いなぁ 」「 なんでか知らないけどいつもより売れた 」なんてとき、楽天市場全体やYahoo!ショッピング全体の売れ行きが確認できるので超便利です。

ECSIXの見方

ECSIX(イクシス)グラフの見方

ECSIXはグラフで毎日の指数を表示し、非常にわかりやすい。

ECSIXは2012年3月の楽天市場、Yahoo!ショッピングの売上額を基準10000として、現在から1か月前までの売上の指数を出すもの。

昨日のグラフ数値が15000となっていたら、2012年3月より1.5倍売れている、ということになります。

たとえばECSIXで全体的に売れているのに自ショップはあまり伸びていないようなら危険信。

反対に全体的に売れていないのに自ショップは伸びているようなら自分を褒めてあげましょう。

もちろんモール全体の傾向と商品ジャンルの傾向が必ずしも一致するとは限らないので短絡的な判断はできませんが、すごく参考にはなります。

にしてもYahoo!ショッピングの伸びはスゴイですね。ここ何年か10000を割ることはほぼありません。運営も楽天市場に追いつくべくスゴく気合を入れているので、その結果が表れているのでしょう。素晴らしい。

こんなデータを出せるのだから実際の売上額も数値としてとれているはず。しかしさすがに細かい数値 / 金額までは公開しないようです。さすがに楽天市場やYahoo!ショッピングから怒られちゃいそうですものね。

基準となっているデータも、2012年3月のエイリー売上平均なのか3月1日なのか細かいところは公表されていません。

まとめ:ECSIXなら楽天市場・Yahoo!ショッピング全体の売上傾向を確認できる

  • ECSIXなら楽天市場、Yahoo!ショッピング全体の売上指数データが確認できる。
  • 2012年3月の売上額を10000として、過去1か月間のデイリー売上との比較ができる。

さすがに無料ツールなので見られるデータは限られますが、特にセール時などパッと楽天市場、Yahoo!ショッピング全体の盛り上がりも確認できてなかなか便利。

ECSIX、私は主に「 なんか売上悪いなぁ 」ってときにECSIXを見て「 な~んだ、全体で悪いんじゃんしょうがないしょうがない(震) 」って感じで精神衛生を保つ目的で使っています。

お気に入りにいれておけばワンクリックで見られるようになりますし、ぜひご活用ください。

こ、このサイトもお気に入りに入れておいてくださってもいいですからねッ!