【楽天市場・楽天RMS】大量の画像でもftpと使ってR-Cabinetに簡単にアップロードする方法

 

ftpを使って画像を一括アップロード!

楽天市場の商品ページなどで使う画像はRMSにログインした後のR-Cabinetからでもアップロードできますが、大量の時って結構大変ですよね。

実はftpを使えばR-Cabinetに画像を一括アップロードすることが可能です。

一括登録なら数百枚~数千枚の大量の画像でも一瞬でR-Cabinet上にアップロードすることが可能です。

ftpとは平たくいえばサーバーなどへファイルを転送するシステム。

ftpソフトといえば無料で配布されているffftpやfireFTPなどがありますが、これで十分過ぎるほど使えます。

(楽天ftpの設定方法はコチラ

ffftpによる楽天R-Cabinetへの画像一括アップロード方法

ffftpやfireFTP上の cabinet > images フォルダーに画像をアップロードすれば自動でR-Cabinetに一括アップロードされます。

紛らわしくもサーバーの直下上にimagesってフォルダーがあるのでですが、コチラにアップロードしても意味はないので注意。

cabinet > imagesフォルダーにそのまま画像をアップロードした場合は、画像ファイルはR-Cabinet上の基本フォルダー内に格納されます。

フォルダーごとのアップもOKで、その場合アップロードしたフォルダーと同名のフォルダーをR-Cabinet上に作って中身の画像ごとアップロードされます。

既に同じ名前のフォルダーが存在する場合はその中に画像をアップロードし、フォルダー内にすでにファイル名が同じ画像があった場合は上書きされます。

なので、画像の内容が変わった場合にも使えます。

R-Cabinetだと同名のファイルがある場合一度古い画像を消さないと新しいファイルをアップロードできないので手間ですが、この方法なら簡単に画像の更新も可能です。

(上書きした場合でも楽天市場のシステムキャッシュの関係でタイムラグがあり、商品ページ上ではすぐ反映されません)

cabinet > imagesフォルダーに画像やフォルダーをアップロードしてしばらく放っておくとサーバー上から消えます。

コレがこれからR-Cabinetへ一括アップロードされる合図なのでご安心を。

CSVによる商品情報登録と、同様アップロード完了後楽天より成否のメールが来るので確認しておきましょう。

大量の画像をアップロードする際の注意点

なお、R-Cabinetの仕様上一つのフォルダーに画像は500枚までしか入らない点に注意が必要です。

仮に一つの商品に10個の画像を載せたとしたら商品50件分しか一つのフォルダーに入れられません。

フォルダーの中にフォルダーを入れることも可能なのでうまく計画しながらフォルダーを使い分けていくとよいでしょう。

またR-Cabinet自体に容量制限があるので、のちのちいらない画像を消したりすることも出てくるかと思います。

なるべく、後でどの商品の画像がどのフォルダーに入っているのかわかるように入れて管理してことをオススメします。

ffftpによるR-Cabinetへの画像一括アップロード方法 まとめ

  • ftp領域上の cabinet > images フォルダーに画像やフォルダーをアップロードすればR-Cabinetへ一括で登録される。
  • R-Cabinet上に同名のフォルダーがある場合はそのフォルダーの中へ、ない場合は新しくフォルダーを作成してアップロードされる。
  • フォルダーに入れずに画像をアップロードした場合はR-Cabinet上の基本フォルダーにアップロードされる。
  • R-Cabinet上に同名の画像があった場合は上書きされる。

楽天に限らずネット通販の世界って、商品数や商品画像のクオリティ、商品画像の数が勝負な部分が結構大きいです。

慣れていない方にftpは少々ハードルが高いように思うかもしれませんが、慣れてしまえばなんてことはありません。

例え設定につまずいて時間がかかったとしても、数千枚単位の大量の画像でもあっという間にアップロードできる点を考えると楽天市場に出店するにあたっては必須ともいえるでしょう。

ぜひチャレンジしていただき、快適な楽天RMSライフをお送りください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。